オンラインポーカーおすすめはこちら詳しくはこちら

【ポーカールール】ポーカーのやり方・遊び方を初心者向けにわかりやすく簡単に解説

ポーカー ルール
  • URLをコピーしました!

ポーカーのルールについて初心者でも分かりやすいように簡単に解説します。

ポーカーのカードの強さ一覧表から、チェック・レイズなどのポーカー用語まで徹底解説。本記事を読めばポーカーの遊び方が分かるので、ルールを学んでポーカーを楽しみましょう。

目次

【ポーカールール】テキサスホールデムとは?

ポーカー ルール テキサスホールデム

ポーカーとはトランプを使って行うゲームの1つで、5枚のカードで役(ハンド)を作って役の強さを競うマインドスポーツです。ポーカーは細かいルールの違いなどを含むと100種を超えると言われており、今世界中で最も主流とされているルールがテキサスホールデムです。

ポーカー ルール テキサスホールデム とは

テキサスホールデムがいつ考案されたのかは、はっきりとされていませんが、アメリカのテキサスにおいて1900年初頭に最初のプレイが行われたと記録されているほど長い歴史を持つポーカーのルールです。

その後テキサスホールデムはヨーロッパをはじめとする世界中にひろがり、今では日本でもテキサスホールデムのオンラインポーカーアプリなどが様々リリースされるほど高い人気を誇っています。ここからはそんなポーカールールの1つであるテキサスホールデムについてさらに詳しく簡単に解説していきます。

ポーカーの種類

世界中でプレイされているポーカーには、テキサスホールデムを含む様々なルールがあります。日本で一般的に知られているファイブカードポーカーもそのうちの1つです。テキサスホールデムとの共通点はポーカーの基本のルールである5枚の組み合わせで強い役(ハンド)を作るということです。

しかし、ファイブカードポーカーのルールは自分の持ち札だけで役をつくり、テキサスホールデムのルールは自分が持っている2枚のカードと場にある5枚のカードの計7枚の中から5枚のカードで役(ハンド)を作るといった違いがあります。

ポーカー ルール テキサスホールデム

ポーカーのルールの中でこのような違いが現れるのは、プレイヤーへのカードの配り方にあります。テキサスホールデムのようにカードの配り方・ルールによってプレイヤーの戦略などが変化するのもポーカーの醍醐味の1つです。

テキサスホールデムを簡単説明

ここからテキサスホールデムのルールを簡単に説明します。テキサスホールデムのルールでは、始めにそれぞれのプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。これを手札・ハンドなどと呼びます。そして、プレイヤー全員が共有する5枚のカードが順にテーブルに配られ、これをコミュニティカードと呼びます。

ポーカー ルール テキサスホールデム

計7枚のうち5枚を組み合わせて、1番強い役を作ったプレイヤーの勝ちというのがテキサスホールデムの簡単なルールです。自分と他のプレイヤーの手札が作る役のポテンシャルを予想し、チップを賭けて勝負します。このようにポーカーは相手の賭け金を見ながら賭けをするという、ドキドキの心理戦です。

チップの賭けを行う回のことをベッティングラウンドと呼び、ゲーム中に4回あります。1回目のラウンドはコミュニティカードが公開されておらず、2回目のラウンドではコミュニティカードが3枚、3回目・4回目でそれぞれ1枚ずつカードが場に追加されていきます。

カジノや大会で使われているルールは?

テキサスホールデムとは、アメリカなどの本場のカジノや大会において主に用いられている大人気のルールです。世界中でもテキサスホールデムのルールで大会が多く開催されており、実際に日本でも木原直哉さん、一ノ瀬公聖さんをはじめとするプロのポーカープレイヤーの方々が活躍しています。

テキサスホールデムは、世界中で1番大きな賞金が獲得できるゲームとも言われています。プロの方々が集まる大きな大会だけでなく、日本でも気軽にオンラインポーカーアプリなどで稼いでいる方もいます。豪華賞金が用意されており、ライセンスを取得した安心安全のKKPokerというアプリは最近特に人気です。

本格的にポーカーを覚えてポーカーアプリやカジノで対戦してみたい方、プロのポーカープレイヤーに興味のある方は、まずはテキサスホールデムのルールを覚えて、KKPokerなどのポーカーアプリで練習してみましょう。以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

\ メアド登録だけで最短1分で完了! /

KKPokerの公式サイトはこちら▷

【ポーカールール】基本的な流れ・遊び方

ポーカー ルール 遊び方

ここから実際のテキサスホールデムの基本的な流れとルールを解説します。カードが配られてからの流れは以下の通りです。

ポーカー ルール テキサスホールデム 遊び方
ポーカーの簡単な流れ・遊び方
1プレイヤーにカードが2枚ずつ配られる
2プレイヤーは2枚の手札を見て、ゲームに参加するか、降りるかを順に決めていく。
3プレイヤー全員のベット額が集まったら、コミュニティカードに3枚のカードが公開される。
4手札の2枚とコミュニティカードの3枚を見て、ゲームに残るか、降りるかを順に決めていく。
5プレイヤー全員のベット額が集まったら、コミュニティカードに1枚のカードが追加され計4枚公開される。
6手札の2枚とコミュニティカードの4枚を見て、ゲームに残るか、降りるかを順に決めていく。
7プレイヤー全員のベット額が集まったら、コミュニティカードにさらに1枚のカードが追加され計5枚公開される。
8手札の2枚とコミュニティカードの5枚を見て、ゲームに残るか、降りるかを順に決めていく。
9プレイヤー全員のベット額が集まったら、手札をオープンして、最も強い役を持つプレイヤーが勝利する。

次にポジションのルールです。一般的にテキサスホールデムでは2人~10人のプレイヤーがテーブルを囲み、それぞれのポジションに沿ってゲームを進行します。ポジションによって特徴・戦略が大きく変わるのでぜひ覚えましょう。以下の画像がポジションの名称です。

ポーカー ルール ポジション

ポーカーのポジションとは大きく4つあり、ライブブラインド(Live Blind)、アーリーポジション(Early Position)、ミドルポジション(Middle Position、レイトポジション(Late Position)となっています。

さらに細かくみていくとSB( スモールブラインド)・BB(ビッグブラインド)など、それぞれのポジションには特徴があるので以下の表で簡単に解説していきます。

▼それぞれのポジションの特徴
スクロールできます
ポジション特徴
SB (スモールブラインド)BTNの1つ手前のポジションで、ブラインドといって、ポーカーにおける強制参加料を払うというルールがある。
SBはコミュニティカードが公開されていない時点では最後から二番目に賭けをする。
コミュニティカードが公開されてからは1番最初にアクションをするため不利なポジション
BB (ビッグブラインド)SB の左隣のポジション。SBと同様、強制参加料のブラインドを払わなければいけないが、SBの額の2倍の額を支払う。
UTG(アンダーザガン)BB の左隣のポジション。
コミュニティカードが公開されていない時点では、一番最初にアクションを行う必要があるため不利なポジションとされている。
コミュニティカードが公開された以降も、順番が早く回ってくるので銃口を向けられているくらい危険なポジションという意味でアンダー・ザ・ガンと呼ばれている。
EP (アーリーポジション)ゲームの中で序盤にアクション(ゲームに残るか、降りるかという選択)を行う必要があるポジションのこと。ゲームの参加人数によって変動。10人が参加しているとき、UTGとその左隣の2人のプレイヤーをアーリーポジションと呼ぶのが一般的。6人のときは、UTGのみアーリーポジションとなる。
MP (ミドルポジション)MPはポジションの中では名前の通り中盤に位置する。対戦中のアクション(ゲームに残るか、降りるかという選択)も中盤に行う。
HJ (ハイジャック)BTNの2つ手前のポジション。
HJはレイトポジションに位置するため、比較的有利なポジションとされている。
CO (カットオフ)BTNの1つ手前のポジション。
COもレイトポジションに位置するため有利なポジション
BTN (ディーラーボタン)BTNはコミュニティカードが公開されていない時点で、1番最後にアクション(ゲームに残るか、降りるかという選択)するのでどのポジションよりも1番有利なポジションと言われている。
ディーラーボタンと呼ばれるDEALERと書かれたボタンなどの目印が置かれていることが多い。

ポーカーにはポジションのルール上、有利不利があります。ゲームの進行によってどのようにポジションの有利不利が出てくるのかは後ほど詳しく解説しています。自分のポジションをしっかり理解し戦略を立て、ポーカーで勝ちを重ねていきましょう。

【ポーカールール】役の強さ一覧表

ポーカー ルール 役

ポーカーやテキサスホールデムのルールを覚える中で、役(ハンド)の強さを覚えることは大事な基礎となります。まずは、以下の通り数字の強弱の順を覚えましょう。この数字の強弱のルールは複雑ではないので、簡単に覚えられます。

A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

このルールをもとに役にも強弱が決められています。5枚のカードで成り立つ役(ハンド)には以下の画像のように名前があり、上から強い順に並べるとこのようになります。ポーカーの役は全10種類あるので、以下の役の一覧表を保存していつでも簡単に見返せるようにしておくと便利です。

ポーカー役一覧

ポーカーのルールでは他のプレイヤーと同じ役で勝負となった場合、それぞれのカードの数字の強さによって勝敗が決まります。

▼同じ役同士の時のルール
役の名称同じ役同士の場合
ロイヤルストレートフラッシュ基本的に発生しない。
ストレートフラッシュより数字の強い方の勝ち。
フォーカード揃えた数字の強い方の勝ち。
フルハウススリーカードの数字だけを比べ、より強い数字を含む方の勝ち。
フラッシュより強い数字が含まれている方の勝ち。
ストレートより強い数字で揃っている人の勝ち。
スリーカードより強い数字で揃えている方の勝ち。
ツーペアより強い数字で揃えている方の勝ち。同じ数字のツーペア同士の時も残りのカード(キッカー)の数字の強弱で決める。
ワンペアより強い数字で揃えている方の勝ち。同じ数字同士のワンペア同士の時、残りのカード(キッカー)の数字の強弱で決める。
ハイカードより数字の強い方の勝ち。

役の一覧表や数字の強弱を覚えるには、実際にポーカーをプレイしてみることが1番の近道です。KKPoker などの人気オンラインポーカーアプリで練習していくことで、簡単にポーカーのルールをマスターできます

【ポーカールール】チップの賭け方やアクション

ポーカー ルール アクション

次は、テキサスホールデムのアクションについてです。それぞれのプレイヤーはゲームに残るか・降りるか・チップを上乗せするかなど、順に選択をする権利が回ってきます。これをアクション、またはベッティングアクションと呼びます。

アクション一覧表

プレイヤーはゲームが始まると2枚の手札が配られますが、ルール上手札を変えることができないので、作れる役のポテンシャルはこの時点で決まってしまいます。よって、プレイヤーのチップの賭け方やアクションの選択によって勝負が大きく異なります

アクションには全部で7つの選択肢があり細かいルールもあるため、ポーカーを対戦する上でしっかり覚えていくべきルールです。

スクロールできます
アクション意味
チェックチップを賭けずにパスすること。
ベットチップを賭けること。
フォールドゲームから降りること。
レイズそれまでのベット額に対して、額を上乗せしてベットすること。
リレイズ他のプレイヤーのレイズのアクションに対してさらに上乗せしてチップを賭けること。
コール直前のプレイヤーのベッティングアクションと同額のチップを出すこと。
オールイン自分の持っているチップを全て賭けること。

上記のテキサスホールデムで用いる、7つのアクションの名前を頭に入れた上で、さらに詳しいルールなどを解説していきます。

チェック

チェックとは、簡単に言うとなにもせずにパスをすることです。勝負をせずに様子を伺うという選択なので、少し弱気のアクションとも捉えられてしまうこともあります。

ポーカー ルール チェック

チェックというアクションは、それまで誰もベットしていない時・自分の賭けているチップの額と他のプレイヤーが賭けたチップの最高額と同じ時のみできるというルールがあります。

自分より前のプレイヤーがベットしたときはチェックはできないため、コール・レイズ・フォールドのどれかを行います。

ベット

ベットとはチップを賭けることです。ベットは、各ラウンドでまだ誰も賭けていない時にできます。つまり、ラウンド中に賭けを1番最初にするという意味です。

1ラウンド目では、ポーカーの強制参加費として最初からチップを支払っているプレイヤー(SB・BB)がいるので、2ラウンド目からベットを行えます。また、すでにベットをしたプレイヤーがいたらコール・レイズ・フォールドのどれかを行います。

コール

コールとは、直前のプレイヤーのベッティングアクションと同額のチップを出すことです。

ポーカー ルール コール

例えば、前のプレイヤーが$10ベットしていて、それにコールすると、同額の$10を出すことになります。

他のプレイヤーが$10ベット、次のプレイヤーが$20にレイズし、それにコールすると、$20ドルを出すということになります。

フォールド

フォールドとはゲームを降りることです。ゲームから降りてしまうと、ここまで賭けたチップは返ってきません。

レイズ

レイズとは、それまでのベット額に対して、額を上乗せすることです。上乗せする額にもルールがあり、直前のプレイヤーのベット額、もしくはレイズ額の上乗せ額と同額以上と決められています。

少しややこしいので一般的には簡単に、直前のプレイヤーの額の倍以上と言われています。

例えば直前のプレイヤーが$20をベットし、次のプレイヤーがレイズをする時は、同額以上なので$20を上乗せ、つまり倍の$40を支払います。自身の手札に自信があり、強気で勝負したい時はさらに大きな額を賭けることもできます

ポーカー ルール レイズ

上乗せ額を計算するとややこしくなってしまうので、レイズをする時は直前のプレイヤーの額の倍以上と覚えておきましょう。

リレイズ

リレイズとは、直前のプレイヤーのレイズのアクションに対してさらに上乗せしてチップを賭けることです。リレイズにもレイズと同様のルールが採用されます。直前のプレイヤーのレイズ額の賭け金に上乗せした額と、同額以上をさらに上乗せします。

例えば、2つ前のプレイヤーが$10をベット、1つ前のプレイヤーが$25ドルをレイズしていた時、事前の上乗せ額が$15です。よって、リレイズする時は、$25ドルに$15ドルを足して$40以上にする必要があります。

ポーカー ルール リレイズ

このような計算が難しい時は、簡単に倍以上にすれば良いと覚えておきましょう。すると直前のプレイヤーの$25の倍以上の額となるので$50をかけて賭けておけばルール上問題ありません。

オールイン

オールインとは、自分の持っているチップを全て賭けることです。

テキサスホールデムで対戦中、ゲームに残りたくてもチップが足りなくてレイズもコールもできない時などに活用できます。もしくは自分の手札に自信があるときなどに活用してみると、賭けた額が倍以上になって返ってくるのでとても面白いです。

一方、自分のチップを全額ベットするというアクションはハイリスクを伴います。しかし、確実に勝てる時など上手くアクションを起こし、勝負に出てみることでさらにポーカーを盛り上げられます。

【ポーカールール】ゲームの具体的な流れ

ポーカー ルール ゲームの流れ

ここまでポーカー、テキサスホールデムの基本的なルールや用語を紹介してきました。

それらを踏まえた上で、実際のテキサスホールデムの具体的な流れを解説します。ここで具体的な流れをしっかり掴んで、ポーカールールの理解を深めましょう

ディーラーボタンの位置を決める

まず、プレイヤー全員が席についたら、ディーラーボタンの位置を決めます。ディーラーボタンを持つ人はポジションでいうBTNです。BTNが決まると自然に他のプレイヤーのポジションが決まります。

テキサスホールデムでは、このポジションが1ラウンド目で1番最後にアクションできるので、1番有利なポジションと言われていますが、ゲームを繰り返す中でボタンの位置は時計回りに回ります。よって、最初からディーラーボタンを持つ必要は特にありません。

ポーカー ルール ポジション

本場のカジノと違ってオンラインポーカーアプリなどでは、カードを配りゲームの進行をするディーラーは存在しません

ブラインド(強制ベット)

ディーラーボタンの左隣の人、SB(スモールブラインド)とそのまた左隣の人BB(ビッグブラインド)は強制的な参加費(強制ベット)を払います。これをブラインドと言います。ゲームによって変動しますが、ブラインドの額はルール上決められています。SBは最低賭け金額の半分、BBは最低賭け金額をベットします


その後、各プレイヤーに2枚のカードが配られてテキサスホールデムのプレイがスタートします。周りの他のプレイヤーに見えないよう注意しましょう。

プリフロップ

プリフロップとは、テキサスホールデムの1番最初のベットラウンドのことを指します。コミュニティカードが公開されておらず、プレイヤーが持つ2枚のみでアクションをする1番最初の段階です。

ポーカー ルール プリフロップ

自分に配られた2枚のカードの強さを見極め、BBの次の人(UTG)から順番にコール・レイズ・フォールドなどのアクションを選択していきます。プリフロップは誰かが最後にレイズするまで続き、終わるとチップがポットというところに集められます

プリフロップでゲームを降りる人は降りて、そのままゲームに残る人全員の賭け額が一緒になったらプリフロップが終了して次の段階に進みます。

フロップ

フロップとは、コミュニティカードの3枚が公開されたラウンドを指します。ラウンドはSBからスタートします。SBがいない、BBがいないなどゲームの参加者が減った時は、ディーラーボタンの次の人からベットしていきます。

ポーカー ルール フロップ

コミュニティのカードの3枚と、手札の2枚の計5枚を見極め、コール・レイズ・フォールド・チェックを順に決めていきます。カードに自信のある人、ない人がベットアクションによって予想がつくようになります

プリフロップと同様、フロップでもゲームを降りる人は降りて、そのままゲームに残る人全員の賭け額が一緒になったら次の段階に進むというルールです。

ターン

ターンでは、コミュニティカードに1枚追加されて4枚が公開されます。フロップと同様に手札と合わせて6枚を見極め、勝負に出るかどうかというアクションを順に決めていきます。

ポーカー ルール ターン

このラウンドでさらにポーカーの戦いはヒートアップし、相手との心理戦が盛り上がります。

リバー

リバーでコミュニティカードにさらに1枚追加され5枚全てが公開されます。これが最後のラウンドです。

7枚全てが公開されているので、勝つか負けるかはアクションで相手のマインドをどれだけ左右できるかにかかってきます。

ポーカー ルール リバー

リバーでの賭けが終了し、他のプレイヤーをフォールドさせ自分が最後のプレイヤーになったら、ここで勝ちが決まります。一方で、この時点までにプレイヤーが2名以上残っている場合には勝者を決めるためにショーダウン(お互いのカードを公開)へと進みます

ショーダウン

リバーを終えプレイヤーが2人以上残っている時にお互いのカードを公開し誰が一番強い役(ハンド)を揃えたかを決めるのが、ショーダウンです。

ここでゲームが終了し、勝ったプレイヤーはポットに集まったチップを獲得します。

以上がポーカールールの1つであるテキサスホールデムの実際のゲームの流れです。

ポーカーのルールや遊び方を早く覚えるには?上達のコツ

ポーカー ルール コツ

これまで挙げてきたように、ポーカーの用語やテキサスホールデムのルールは覚えることが多いです。これからポーカーを始めようと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてテキサスホールデムをスタートさせてみましょう。

ポーカーのルールや遊び方に慣れるには実践あるのみです。ポーカーを上達させたい方はKKPokerなどのアプリを活用してみましょう。空き時間に手軽に効率よく数を重ねれば、簡単にポーカーのルールやゲームの流れを掴めるようになります。

多彩なゲームが揃ったKKPokerは初心者も多く、自分のレベルに合わせた対戦を選んで簡単に練習できるのでとてもおすすめです。その他にも無料のトーナメントに参加したりと、少しずつレベルをあげてみるのもいいかもしれません。KKPokerの特徴・魅力についてはぜひ以下の記事をご覧ください。

ポーカーのルールを覚えて楽しく遊ぼう

ポーカー ルール まとめ

ここまで、世界中で多くのプレイヤーに愛されているポーカーのテキサスホールデムの魅力・ルール・遊び方などをたくさん紹介してきました。盛り沢山の内容にはなりましたが、ポーカーのルールをマスターするだけで世界中のプレイヤーと繋がるきっかけになる魅力的なゲームです。

近年KKpokerを含むオンラインポーカーアプリは、日本でも多くのユーザーが登録しています。これらはテキサスホールデムのルールを採用しているものばかりで、本格的なポーカーの流れを簡単に掴めるようになります。そしてポーカーのルールに慣れてくると賞金を獲得できたり、ハイレベルな対戦を楽しめます

ポーカーにはルールや用語など覚えることが多いように見えますが、この記事で紹介したのは全てポーカーのルールの大事な基本なのでぜひ参考にしてみてください。オンラインポーカーアプリについては以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひこちらも参考にして見てください。

ポーカールールのよくある質問・疑問

ポーカー ルール 質問
ポーカーのルールを簡単に覚える方法は?

ポーカーのルールを一通り目を通したら、実際にポーカーをプレイするのがおすすめです。実践を交えれば、必要な知識だけが身に付きます。こちらでポーカーのルールや遊び方を早く覚えるコツに関して詳しく書いているのでぜひご覧ください。

ポーカーのテキサスホールデムとは?ルールは?

ポーカーのテキサスホールデムとは、自分が持っている2枚のカードと場にある5枚のカードの計7枚の中から5枚のカードで役(ハンド)を作るポーカールールです。詳しいポーカールールや遊び方はこちらで詳しく書いているのでご覧ください。

ポーカーのテキサスホールデムに参加できる最大人数は?

テキサスホールデムでは1つのテーブルにつき2人〜10人までが参加できます。テーブルを増やせば、さらに多くのプレイヤーが参加できます。

ポーカーのストレートの強い順は?

最も強いストレートは「A ・K・Q・J・10」の組み合わせ、最も弱いストレートは 「5・4・3・2・A」です。

ポーカーの人口は?

ポーカーのテキサスホールデムは2000年以降にアメリカで人気爆発ブームが起き、現在世界で1億人以上のプレイヤーがいると言われています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次