ポーカーの基礎

【世界最大のポーカー大会】WSOPとは?参加料から大会スケジュールまでを徹底解説

WSOPってどんなポーカーの大会なの

WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)とは1970年から開催されているポーカープレイヤーなら誰もが知っている世界的なトーナメントです。

WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)は賞金も名誉も規模も世界一のトーナメントになっており、世界中のポーカープレイヤーが優勝を目指し、挑んできます。

獲得賞金のほかには、大会の優勝者にはブレスレットが配られ、このブレスレットをいくつ所持しているのかというのはポーカーをプレイする人にとっては、憧れのものであります。

また、このブレスレットを2つ以上持っている方はごく少数のポーカープレイヤーしかいないため、非常に希少価値が高いです。

ポーカープレイヤーにとって大きな称号になることは間違いないでしょう。

また、2008年のメインイベントの景品であったブレスレットは競売にかけられ1200万円の価格が付いたことがあります。そのくらい名誉あり、価値あるものです。

加えて、世界中でポーカーの人気が向上しているという背景から、WSOPの参加者は数万人規模で年々増加しており、WSOPの難易度は年々向上しています。

しかしながら、2021年の10月22日に行われたWSOPの今回の大会では、日本のプロポーカープレイヤーである一ノ瀬さん6-Handed Limit Hold’emで優勝まであと一歩である準優勝を勝ち取るなど、日本人の快進撃は止まらなそうです。

WSOPの大会ルール

WSOPの大会ルールは、基本的に他のトーナメントと変わりません。

通常のポーカールールを覚えていれば大丈夫です。安心してください。

WSOPでは、注目度の高いメインイベントの他に、オマハやヘッズアップなどのサブイベントも非常に充実しています。獲得賞金も非常に高いので、NLH以外のルールも覚えておいた方が良いです。

このようなルールも他のトーナメントと変わることはありませんので、WSOP対策用にルールを覚える必要はありません。他でも使用することが出来ます。

また、役やルールについて知らない人たちには、役やルールを知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

WSOPの参加基準としては、基本的には21歳以上の方で、参加料とコロナワクチンを打っていれば誰でも参加が可能なのです。

毎年、WSOPのメインイベントは8000人近くの方が参加をし、全体の大会では、数万人規模の人数がトーナメントやキャッシュゲームに参加をします。

サテライト予選から始まり、優勝者が決まるまで、続けて行われます。数日間に及ぶ戦いを制することが出来れば、晴れて優勝をつかみ取ることが出来ます。

能力だけではなく、集中力を切らせない忍耐力も大切であったりします。

また、WSOPは圧倒的な大会規模であるので、入賞を行うことで賞金を獲得できる人数も他の大会と比べて多いです。

WSOPメインイベントの優勝賞金

WSOPメインイベントの優勝賞金は年によって異なる場合がありますが、昨年行われた、2020年のメインイベントの優勝賞金が$3.904.685.63となっており、4億円を超える大金となりました。

最高賞金は、2019年の10.000.000$で日本円に換算すると約11億円となっています。ポーカーの大会では最高額となっており、他のポーカー大会を寄せ付けない圧倒的な賞金です。

また、WSOPのルールとしてFT(ファイナルテーブル)に残ると最低1億円の賞金がもらえます。

過去10年間の賞金情報は下記に記載しております。ご覧ください。下記の賞金情報の記載はこちらです。

また、WSOPでは、メインイベントの他にも、たくさんのゲームが繰り広げられています。

メインイベントの参加費は10000$となっており、100万円を超える参加費を払わなければいけません。

WSOP2021の大会スケジュール

大会スケジュールは公式サイトのスケジュールを確認しましょう。

こちらをご確認ください。11月のイベントに関しては簡単にまとめておきます。

このようにWSOP期間中は、トーナメントが非常に多く、開催されています。一週間に10つほどのトーナメントも開催されています。また、WSOP期間中はキャッシュゲームも非常に熱く、キャッシュゲームはWSOPに観光目的で来た初心者のポーカープレイヤーが多いため、勝ちやすいことも有名ですね。

WSOP参加方法

WSOPの参加基準としては、21歳以上のプレイヤーでなければいけないということ。コロナのワクチンを受けていることを証明しないと入ることが出来ません。

大会の14日前までに受けなければいけませんので注意を行いましょう。

マスクはプレイ中につけて大丈夫です。ただ、エントランスを移動の時には付けましょう。

参加方法としては現地で、直接カードを発行しなければいけません。

昨年度はコロナの影響もあり、オンラインの大会であったため、直接行く必要が無く、オンラインでの参加が可能でしたが、今回は必要となります。

昨年は下記のGGPOKERというアプリで戦いが行われました。

今年もWSOPのオンラインでの大会も行っているため、何処でも参加を行うことが出来ます。

【期間限定ボーナスあり】GGPOKER(GGポーカー)の入金&出金方法&使い方を解説GGPOKER(GGポーカー)は、世界で人気のオンラインポーカーアプリです。JOPTなどの日本の大きなポーカー大会も頻繁に開催されており、注目度の高いオンラインポーカーアプリです。今回は、GGPOKER(GGポーカー)を誰でも簡単に分かりやすくダウンロード、登録が出来るように丁寧に説明します。...

カードを確認したら、イベント参加登録を行わなければいけません。

この際、参加費と自身を証明するためのパスポートが必要となりますので、注意しましょう。

参加登録が出来たら、テーブルと座席番号がかかれた紙を受け取り、チップが尽きるまで戦うのみです。勝負しましょう。

オンラインでの参加方法

オンラインで参加する方法としては、GGPOKERというアプリを使用して行います。

参加方法としては、GGPOKERを起動し、WSOPというタブをタップしましょう。

続いて、下記の画面から自分が参加したいトーナメントをクリックし、参加登録を行いましょう。時間になれば、トーナメントが開始されます。頑張りましょう。

WSOPに少しでも興味がある方は、下記の記事や、ボタンから登録を行いましょう。

【期間限定ボーナスあり】GGPOKER(GGポーカー)の入金&出金方法&使い方を解説GGPOKER(GGポーカー)は、世界で人気のオンラインポーカーアプリです。JOPTなどの日本の大きなポーカー大会も頻繁に開催されており、注目度の高いオンラインポーカーアプリです。今回は、GGPOKER(GGポーカー)を誰でも簡単に分かりやすくダウンロード、登録が出来るように丁寧に説明します。...

初期画面から、WSOPと書かれているボタンをクリックしましょう。

WSOPというボタンをクリックしたら、自分の参加したいトーナメントをクリックして戦いましょう。

WSOPメインイベント歴代優勝者と優勝賞金について

WSOPメインイベント歴代優勝者たちはこちらです。下記の表を確認してみてください。

2010 ジョナサン・デュハメル 8,944,310
2011 ピウス・ハインツ 8,715,638
2012 グレッグ・マーソン 8,531,853
2013 ライアン・リース 8,361,570
2014 マーティン・ヤコブソン 10,000,000
2015 ジョー・マッキーヘン 7,683,346
2016  クイ・グエン 8,005,310
2017 スコット・ブルムステイン 8,150,000
2018 ジョン・シン 8,800,000
2019 フセイン・エンサン 10,000,000
2020 ダミアン・サラス 2,550,969

このような人たちが優勝しています。

昨年はコロナウイルスの影響によって、賞金が減ってしまいましたが、平均的には100億近いような賞金になります。

優勝すれば一生遊んで暮らせそうですね。

WSOPで日本人が優勝したことはあるの?

現在、WSOPメインイベントで優勝した日本人はいません。サイドイベントで優勝した人はいます。

日本人最高順位は、ひろきさんです世界のヨコサワチャンネルに出ている方で、ヨコサワばかり目が行きますが、ひろきさんにも注目していきたいところですね。

序盤にも書きましたが、一ノ瀬さんもサブイベントで準優勝するなど、日本人の勢いは止まりません。

いつか、メインイベントで日本人が優勝する時が来れば嬉しいですね。