オンラインポーカーアプリ

ポーカーの種類を徹底解説!人気のホールデムポーカーからニッチなポーカーゲームまで

ポーカーの種類はどれくらい?

現在、ポーカーの種類は数十種類ほどあります。

その起源は古く、中世のペルシャで行われていた「アス・ナス」というという遊びから派生させたものであると言われます。

中世の際は、「A」「K」「Q」「J」「10」のそれぞれのカードを5枚ずつ配り、手札の強さを競うものでした。

また、この時期から、ブラフなどの相手を騙す行為を含まれており、このころからポーカーの先駆けであることが伺えますね。

ポーカーの種類を3つに区別

ドローポーカー

ドローポーカーとは最古のポーカーでクローズドポーカーとも呼ばれます。プレイヤーが共通して使用するカードがありません。

ドローポーカーの特徴としては、相手のカードが全く見えないことです。

カードが見えないので、ポーカーならではの駆け引きをしずらいということがあります。誰でも簡単に遊べるので、ルールが分からなくても楽しめますね。

近年、日本では認知されているドローポーカーですが、世界ではドローポーカーはマイナーのポーカーの種類です。

世界でメジャーで行われてるゲームは、ホールデムポーカーですので、そちらを確認していただければ大丈夫です。

スタッドポーカー

スタッドポーカーとは、配られた5枚のカードの中から一部分をオープンすることで勝負をするゲームのことを言います。(何枚オープンするのかはその形式によって異なります。)

スタッドポーカーでは基本的に、配られたカードを交換することが出来ないため、戦略的側面が少なく、簡単にプレイを行うことが出来ます。

スタッドポーカーの中で有名なのがファイブスタッドポーカーです。ファイブスタッドポーカーのやり方は記事に記載しておりますのでそちらを確認してください。

ホールデムポーカー

世界中で大人気のポーカーゲームがこちらのホールデムポーカーとなっております。

ポーカーのゲームの流れとしては、プレイヤー1人1人に2枚ずつカードを配布し、テーブルに5枚配るポーカーゲームです。

全プレイヤーに2枚のカードを配布し、1回目のベット終了後、テーブルにあるカード3枚が開始されます。2回目のベット後テーブルにカードが1枚追加されます。

自分の手札とテーブルにあるカードで、出来る最も強い役になります。場に出たチップは勝利プレイヤーが全て獲得することが出来ます。

その他ポーカーの種類

ポーカー種類①:ドローポーカー一覧

ファイブカード・ドロー

ファイブカードドローは各プレイヤーに5枚ずつのカードが配られ、プレイヤーは不要なカードを一度だけ変えることが出来ます。(不要なカードは何枚でも変えられます)

基本的には、ドラゴンクエストのミニゲームであるポーカーや、ニュースーパーマリオゲームのミニゲームにあるポーカーなどと同様のルールとなります。

ポーカーをやったことがあるという初心者の方でも、こちらのファイブドローポーカーをやったことがあるという方が多いです。

 

デューストゥ セブン トリプルドロー

最弱ハンドを作ることを競うゲームです。より弱いハンドを持っていたプレイヤーが勝利となります。

ゲーム進行としては、各プレイヤーに5枚のカードが配られ、その後にベッティングラウンドが続きます。

自分で賭ける金額を設定し、ベットしましょう。続いて、ドローラウンドとなります。自分の捨てるカードを選択し、山札からカードを獲得します。

これがもう一度続きます。これが出来れば終了です。ここで最弱のハンドは「75432」でスーツが異なっているものです。これをホイールと呼びます。

バドージ

バドージとは、使用するカードを4枚として、スートと数字が被らないようにしなければいけないゲームです。

Aは1として、扱われ、3回ドローをするチャンスがあります。

リミットであることがほとんどで、ストレートは存在しないゲームの方法です。勝ち方としては、相手のハンドが弱いときに、多くの駅を獲得することが出来れ良いのです。

もし相手が2回目のドローで2回をチェンジしていたら、明らかに弱い手である可能性が高いので、ほとんどのポットを獲得することが出来る必勝法もあります。

ポーカー種類②:スタッドポーカー一覧

セブンカードスタッド

7枚のカードのうち、5枚を選んで役作りを目指していくゲームです。

通常よりもポーカーよりも強い役が作りやすくよりハイレベルのゲームをすることが出来ます。

また、4枚は表向きで配られるため、他のプレイヤーからもカードが忌めて、手の内も推測しやすいため、初心者の方でも楽しく遊ぶことが出来ます。

ファイブカードスタッド

アメリカで南北戦争があったころに誕生した最も古いスタッドポーカーとして知られています。

ファイブカードスタッドのやり方としては、裏向けのカードと、表向きのカード合計2枚をディーラーから配布されます。

1回目のベットラウンドが開始され、表向けのカードが一番弱いプレイヤーが強制ベットをなります。

2回目のベットラウンドでは、3枚のカードを基に、賭けをしていきます。

3回目のベットラウンドでは、最も強いカードを所為しているプレイヤーから順番に賭けることとなります。

4回目のベットラウンド終了したら、ショーダウンを行います。一番強い役を作ったプレイヤーがテーブル上のすべての掛け金を受け取ります。

ラズ

セブンカードラズと呼ばれることもあります。7枚のカードから最も弱い5枚のカードの役を作り、より最弱なカードを作ったほうが勝利です。

やり方としてはセブンスストリートの前にフォールドしていない各プレイヤーは合計で7枚のカードを配られるます。

最初の2枚は伏さられた状態で、次は表向きで表向きが続き、7枚目は伏さられて配られる。

これらの7枚のカードからプレイヤーは最も良い組み合わせの5枚のカードを選ばなければいけません。

プレイヤーが弱いハンドを作ろうとする場合は、エースは最も低いランクのカードとして扱われるので注意しましょう。

ポーカー種類③:ホールデムポーカー一覧

テキサスホールデムポーカー

テキサスホールデムポーカーは、様々なポーカーの大会で使用されるポーカーの種類となっております。

世界で大人気のポーカーゲームなので、まず初めに覚えておきたいポーカーゲームですね。

また、プレー中に見せるブラフをすることで相手をだましたり、オールインをすることで、相手に強い役だと思わせることも出来ます。

カジノゲームの中では一番シンプルかつ奥深いポーカーゲームなので是非楽しんでみてください。

オハマホールデムポーカー

オマハホールデムポーカーと言われるこの種類は、テキサスホールデムポーカーから派生したゲームとなっております。

4枚の手持ちのハンドと、5枚のコミュニティハンドから、ハンドを作ることが特徴で、より強い役や、ハイレベルな戦いが出来ることが魅力です。

また、オマハの中でも、ポットリミットオマハと、ノーリミット、固定リミットと複数のルールがあることがあります。

役の強さは他のポーカールールと変わらないので、心配する必要はありません。

クールシュベルポーカー

基本的なルールはオマハと同様ですが、クールシュベルポーカーでは1枚のコミュニティカードを開きます。

プレイヤーはコミュニティカード1枚と手本のハンド4枚を合計して、勝負を続けるのか降りるのかを選択することが可能です。

その後2枚のコミュニティカードを開くことで、ハンド4枚とコミュニティカード3枚の計7枚で、ポーカーの役を作ります。

カジノホールデムポーカー

ルール自体はテキサスホールデムポーカーとなりますが、対戦相手が異なります。

この場合は、プレイヤーと戦うのではなく、カジノディーラーと戦います。

カジノディーラーは他のプレイヤーより強いので、ポーカーの技術に自信がある人は挑戦しても良いと思いますが、初心者の方はあまりお勧めできません。

レットイットライド

レットイットライドは、最初に3か所にチップを賭けることで、3つのベットをしたままか撤収するかを変更するを決めることが出来ます。

使用できる手札3枚とコミュニティカード2枚の計5枚で、10以上のワンペア以上のハンドが出来るかどうかを賭けるゲームです。

その他特殊なポーカー一覧

パイナップル

プライベートなポーカーゲームや友人宅で見られるようなポーカーです。

通常のテキサスホールデムのルールに加えて、自分のカードを3枚獲得することが出来ます。

3枚なので、よりハイレベルな戦いを繰り広げられますし、強い役が沢山出てくるので、とても楽しいです。

ティーンパティ(インディアンポーカー)

通称インディアンポーカーのことを指します。

ルールは簡単で、自分の額に一枚のトランプをあてて、自分以外のプレイヤーがカードが見える状態にして、役が一番強かった人が勝利です。

自分以外のプレイヤーのカードが見えるという状況下の中で、相手が強い役の場合は、いかにも相手のカードが弱いように仕向けて、山札からカードを交換させることが必要です。

このように自分よりも相手のカードが弱ければ勝ちです。良く飲みの場でも使用させることがあります。

カジノで遊べるポーカー種類

カジノで遊ぶことが出来るポーカーはテキサスホールデム、カジノホーポーカーのトーナメントで使用されるものを一覧で並べてみました。

無料で参加できるトーナメントもあるので、確認してみてください。ルデム、トリプルカードポーカー、カリビアンスタッドポーカー、サイドヘッドシティの5つとなります。

ポーカートーナメントの種類一覧

フリーロール

フリーロールとは、無料でトーナメントに参加することができ、且つ、賞金を獲得することが出来るトーナメントとなっています。

初心者などのポーカーを始めたばかりの方が参加するトーナメントなので、適切にポーカーをプレイすることが出来れば、勝率は圧倒的に高いです。

フリーロールで賞金を無料で稼ぎたいという方は下記のボタンから頻繁にフリーロールが開催されるKKPOKERを登録して、フリーロールを確認していきましょう。

【無料で稼げる】KKPOKER(KKポーカー)の入金&出金&本人確認方法から使い方まで完全解説この記事では、KKPOKER(KKポーカー)のアプリのダウンロード・本人確認・入金・出金・クラブ・招待コード・遊び方だけでなく、レーキやおすすめの入金代行業者までポーカー初心者の方にもわかりやすく、徹底的にご紹介します。この記事を見るだけでKKPOKER(KKポーカー)の全てが分かります。...

サテライト

超高額トーナメントに参加するための権利を賭けたものです。上位になると参加チケットを獲得することが出来るので、超高額トーナメントに出場するために、頑張りましょう。

有名な所のトーナメントであれば、JOPT(日本大会)やWSOPがあります。より、高難易度のトーナメントの場合は、ポーカーの能力を向上させる必要があります。

スプラッシュ

ターボタイプのリバイトーナメントです。リバイできる時間が90分と長いのが特徴で、何度もリバイすることが出来ます。

バウンティ

バウンティトーナメントは相手を倒すたびにボーナスをもらうことが出来るトーナメントです。

相手をKOさせることだけを目標にやっていると、ハンドレンジが広くなったりして、なかなか思うようにプレイすることが出来ない時もあります。

近年人気急上昇のトーナメントなので、オンラインポーカーアプリでも頻繁に開催されていることが多いです。