MENU
オンラインポーカーおすすめはこちら詳しくはこちら

【ポーカー世界大会一覧表】主なポーカー大会の賞金・日程から参加方法まで解説

ポーカー 世界大会 一覧表

本記事では、ポーカーの世界大会について紹介します。

実はポーカーの世界大会は世界では最も多くの金額が動く個人競技と言われているんです。今回はポーカー世界大会の中でも最高峰のイベントについて詳しく解説します。日程や賞金を一覧表でまとめているのでぜひご覧ください。 

オンラインポーカーアプリから参加できる世界大会も紹介しています。この記事を読んで、まずはポーカーの世界大会について詳しくなりましょう。

目次

ポーカーの世界大会とは

ポーカーの世界大会とは

ポーカーの世界大会といえばどんな大会が思いつくでしょうか。ここではその特徴と魅力、実際にポーカーの世界大会で使われているルールについて説明していきます。

  1. ポーカーの世界大会とは
  2. ポーカーのルール

ポーカーの世界大会とは

WSOP 2022

ポーカーの世界大会は競技性が高く、世界的には非常に人気のある大会です。参加するための資格が必要なく、誰にでもチャンスがあるので比較的始めやすく、1つの大会で賞金を獲得することも可能です。

ポーカーの世界大会の魅力は何よりも億を超える金額が動くことです。大会によって規模は異なりますが、WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)などの大きい大会になると、賞金はなんと10億円を超えます

ポーカー世界大会のルール

ポーカーの世界大会では、最も主流な「テキサスホールデム」というルールが使われます。

ポーカー テキサスホールデム

テキサスホールデムのルールは、プレイヤーがそれぞれ手札に配られる2枚とボードに出される5枚の計7枚のカードを組み合わせて、役を作り勝負をするというものです。ルールはシンプルですが、賭けるかどうかの判断が賞金額を決めるというまさに心理戦です。

ポーカーはゲームの種類によってルールが異なるので、基本的なポーカーのルールを身につけることが大事です。世界大会でのルールについては下の記事で紹介しています。

ポーカー世界大会の賞金・参加費を一覧で紹介

ポーカー世界大会の賞金・参加費を一覧で紹介

ここではWSOPも含めた、代表的なポーカーの世界大会を6つ紹介していきます。参加費、賞金、開催場所などの情報も詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

  1. WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)
  2. EPT(ヨーロピアンポーカーツアー)
  3. WPT(ワールド・ポーカー・ツアー)
  4. APPT(アジア・パシフィック・ポーカー・ツアー)
  5. APT(アジアン・ポーカー・ツアー)
  6. ACOP(アジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカー)
スクロールできます
大会名優勝賞金参加費参加人数開催場所開催日程
WSOP 約14億円約140万円8,000人以上ラスベガス5月末〜7月中旬
EPT約1億円約70万円6,000人以上ヨーロッパ各地ほぼ毎月
WPT約5億円約46〜267万円大会によって異なる世界各地不定期
APPT約1,500万円約16万円〜大会によって異なるアジア太平洋地域不定期
APT約1,600万円約28,000円〜300人以上アジア各地不定期
ACOP約1億円約170万300人程度マカオ10月頃

上の表の賞金は、それぞれのポーカー世界大会の中でもメインイベントの賞金を参考にしています。

WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)

WSOPは世界で最も規模が大きく、注目度が高いポーカー世界大会です。大会の開催期間は数ヶ月に渡り、世界のプロプレイヤーが集結するため、大会の様子は全米でテレビ中継されます。

メインイベントでの賞金額は毎年10億円越えです。1回の試合で10億円以上獲得できるというのはポーカーの世界大会らしさですよね。

2022年度のWSOPのメインイベントの結果を紹介します。見事大会に優勝し、1,000万ドルを手にしたのはノルウェーの選手でした。

WSOP2022   
優勝賞金$10,000,000(約14億円)
参加費$10,000(約140万円)
参加人数8,000人以上
開催場所ラスベガス

WSOPのメインイベントでの賞金額は過去に16億円になったこともあります。賞金の高さなどの魅力から近年は日本人も多く参加している大会なので、これからさらに注目です。

EPT(ヨーロピアンポーカーツアー)

EPTはポーカーの世界3代大会のうちの1つで、ヨーロッパでは最大級のポーカーの世界大会と言えます。賞金は年度や開催場所によって異なりますが、WSOPに続き、かなりの賞金額になる世界大会の1つです。

EPTはパリ・プラハ・モンテカルロなどのヨーロッパを中心に行われているポーカーの世界大会です。今回は、2022年の12月にプラハで行われたEPTのメインイベントの結果を紹介します。

EPT Prague Main Event 2022
優勝賞金€913,250(約1億3,000万円)
参加費€5,000(約70万円)
参加人数1,200人以上
開催場所プラハ

このメインイベントには、日本人プレイヤーである小原純さんも参加し、見事メインイベントで4位に入賞し、賞金を獲得しました。日本でもこの活躍は大きな話題となりました。

WPT(ワールド・ポーカー・ツアー)

WPTは、2002年から始まった大会で、ポーカー世界3代大会の1つです。世界各地で開催されていて、日本でも2018年から「WPT JAPAN」として毎年催されています。

世界各地で開催されているので、今回は一例として、2022年の12月12日から18日にラスベガスで行われたチャンピオンシップの結果を紹介します。

WPT World Championship at Wynn Las Vegas 2022
優勝賞金$4,136,000(約5億円)
参加費$10,400(約140万円)
参加人数2,960人
開催場所ラスベガス

ポーカー世界大会の魅力である賞金の高さがこの大会でも目立ちますね。WPTは、開催される地域によって、それぞれの大会の参加費や賞金の規模が異なるので注意が必要です。

APPT(アジア・パシフィック・ポーカー・ツアー)

ポーカーの世界大会は、アジアの国々でも開催されています。APPTはマニラやソウルなどのアジア太平洋地域の都市で開催される大会です。

今回は、2022年に行われたマニラでのメインイベントの結果を紹介します。この大会では、日本人の選手としても数々の結果を残していて朝霧セイナさんが5位に入賞し、賞金を獲得しました。

APPT Manila Main Event Final Table 2022
優勝賞金PHP5,973,000 (約1450万円)
参加費PHP65,000(約16万円)
参加人数800人
開催場所マニラ

参加費用は大会の程度によってばらつきがありますが、他の大会に比べると比較的低い傾向があります。低い参加費で高額な賞金をゲットできる大会です。

APT(アジアン・ポーカー・ツアー)

APTは、アジア各国で開催されるポーカーの世界大会です。最近では、GAKUTOさんが出場したことで話題になりましたが、日本人が参加しやすいポーカー世界大会の1つです。

今回は、2023年の2月11日にベトナムのハノイで行われたAPTハノイのメインイベントの結果を紹介します。

APT Hanoi 2023 Main Event at Vietnam
優勝賞金2,794,200,000VND(約1,600万円)
参加費27,500,000VND(約15万円)
参加人数654人
開催場所ハノイ

APTは日本での開催もありますが、APT JAPANは賞金が出ません。しかし、海外の大会ではかなりの額の賞金が設定されています。ポーカーの世界大会に参加したいけど欧米だと少し遠いと感じる方は、まずはアジアの大会に挑戦してみることもおすすめです。

ACOP(アジア・チャンピオンシップ・オブ・ポーカー)

ACOPは、マカオで開催されるアジアの中では大きなポーカー世界大会の1つです。参加費用が10万香港ドルとかなり高額ですが、その分賞金も1億円近いところが魅力の大会です。

今回は2017年の10月に行われたACOPのメインイベントの結果について紹介します。

ACOP 2017 Main Event 
優勝賞金5,400,500HKD(約9,200万円)
参加費100,000HKD(約170万)
参加人数308人
開催場所マカオ

会場がマカオにも関わらず世界中からプロ選手が集まる大会です。過去にはEPTでの優勝者が参加するなど、豪華な世界大会となっています。

ポーカー世界大会への参加方法

ポーカーの世界大会に参加する方法は、直接大会にエントリーする方法とサテライトトーナメント(予選大会)を突破してメインイベントに参加する方法と2つあります。それぞれの方法について詳しく説明していきます。

  1. 直接エントリーする方法
  2. サテライトトーナメントを突破する方法
  3. ポーカーの世界大会に参加するための実力をつけよう

直接エントリーする方法

まず直接エントリーする方法ですが、これは海外の会場に行き、現地でエントリーするというシンプルな方法です。簡潔でで世界大会にも気軽に参加できそうなものの、2つの重要な注意点があります。

  • 現地から参加できない世界大会がある
  • 世界大会によってエントリー料金が高い可能性がある

1つ目の注意点は、現地から参加できない世界大会があることです。つまりサテライトの大会を突破することが、メインイベントの参加条件になっている場合です。サテライトとは、大きな大会に進むための参加費用を獲得するために行われる、いわゆる予選大会のようなものです。

2つ目の注意点は、エントリー料金が高額である可能性が高いことです。ポーカーの世界で最も規模の大きい大会であるWSOPは、10,000ドル(約130万円)支払えば、メインイベントの大会に参加することが可能ですが、サテライト予選は約10万円と低額に設定されています。

世界大会に直接申し込む方法も1つの手ですが、2つの注意点を考えると、サテライトの大会を突破し、世界大会に進む方法の方が失敗は起きにくいでしょう。

サテライトトーナメントを突破する方法

サテライトトーナメントを突破する方法の利点は、参加費を安く抑えることができることです。高額な参加費用を払わずに世界大会に参加したい場合にはおすすめの方法です。ポーカー世界大会のサテライトは日本国内のアミューズメントカジノでも日々行われています。

さらに、ポーカー世界大会のサテライトには、オンラインポーカーアプリ「GGPoker(GGポーカー)」からも参加可能です。なぜならGGPokerのみが「WSOP online」というWSOPのサテライトを開催しているからです。

GGPokerは、世界だけでなく日本人の間でも人気なポーカーアプリです。トーナメントの種類が豊富で、ポーカー世界大会で用いられるルールを使ったゲームはもちろん、参加費無料のトーナメントもあります。

\ メアドだけ!最短1分で始められる /

GGPokerの公式サイトはこちら▷

GGpokerについての登録方法・特徴・評判などについて知りたい方は下の記事で紹介しています。

ポーカーの世界大会に参加するための実力をつけよう

この記事では6つのポーカー世界大会を紹介してきました。どの世界大会も賞金の高さに圧倒されますよね。1回の試合で億単位の賞金を獲得することができるというのは、ポーカー世界大会の魅力です。賞金は参加人数が増えるほど高くなるので世界大会には迫力があります。

ポーカーの世界大会となると、ハードルが高いと感じる方は、GGPokerを利用する方法があります。上でも説明したように、GGpokerは、WSOPのサテライトを開催しています。オンライン上でポーカーの世界大会の中でも最大級であるWSOPに参加できるのはGGPokerだけです。

さらにGGPokerなら、無料で登録できるため誰でも簡単にポーカーを始められます。初めての方なら、まずはGGPokerで経験を積んで実力をつけましょう。

GGPokerのアプリの詳細については、こちらの記事で説明しています。

ポーカー世界大会に関するよくある質問

ポーカーの賞金は犯罪にならないの?

日本国内でのいわゆる闇カジノで賞金をだすことは犯罪ですが、ポーカーの世界大会は国際基準で行われる格式高い公式大会です。そのため、ポーカーの世界大会で賞金を獲得することは犯罪ではなく、むしろ尊敬されることです。

ポーカーの世界大会で日本人は活躍しているの?

本記事で紹介したように、近年、様々なポーカー世界大会で賞金を獲得する日本人選手は増えています。実際に、WSOPでの日本人の活躍は素晴らしく、2021年度までのWSOPのサイドイベントで優勝した選手が6人もいます。

ポーカーの世界大会に参加したいのですが、時間やお金がありません

オンラインポーカーを使うのがおすすめです。GGPokerを利用すれば、「WSOP online」と言われる世界規模で行われるポーカーの世界大会に国内にいながらオンラインで参加できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次